シークワーサー 原液 お酒

お酒はほどほどに・・・
これがわかってはいえるけれどなかなかそれができないのが「お酒飲み」の宿命です。
ですから、少しでも身体のことを考えてお酒は飲みたいものです。
楽しいお酒が飲み過ぎで身体を壊してはなにもなりません。
お酒にもビールや日本酒やワインやウィスキー
といろいりありますが、身体のことを考えれば「焼酎」もおすすめです。
その理由は「血糖値の上昇」です。
ワインならポリフェノールをたくさん含んだ辛口の赤ワインが血糖値を上げにくとされています・
そして日本酒と焼酎を比べると圧倒的に焼酎のほうが血糖値を上げにくい酒なのです。

一般的にお酒が血糖値を上げる働きは「甘さ」や「空さ」だけでなく、お酒の種類によっても大きくい異なります。

ビールやワインや日本酒
これらは「醸造酒」といわれます。
これらは「濾過」しただけなので糖質をたくさん含んでいます。

これに比べて、血糖値を上げにくいお酒は蒸留酒です。
ですから血糖値の急激な上昇を避けるには「ウィスキー」や「焼酎」が良いのです。

その焼酎の飲み方で「シークワーサー原液をお酒にプラス」という飲み方をおすすめしています。

シークワーサー原液をお酒にプラス!これが焼酎の最強の飲み方の理由

シークワーサー原液をお酒にプラス
このように、「飲みすぎない」という条件付きではありますが、血糖値の上昇を考えれば蒸留酒の「焼酎」は身体のことを考えればおすすめのお酒です。
でも、焼酎の飲み方にも身体ことを考えて上げてください。

焼酎には「甲類」と「乙類」があるのをご存知?

焼酎というお酒には2種類あります。
それは
・甲類の焼酎
・乙類の焼酎
です。
この差は製法により分類されます。

甲類の焼酎とは従来の伝統的な焼酎と製法は大きく異なります。
原料を糖化させ、そこでできたもろみを「蒸留塔」というものに入れて連続でアルコールを抽出していく製法です。
この製法の最大の特徴は大量生産できるのでお値段がリーズナブルという点です。
さらに無色透明でクセのない焼酎が製造できます。
お店やスーパーで売られている焼酎のほとんどがこの製法で製造されています。

一方、「乙類」の焼酎は昔からの伝統的手法で作られたお酒です。
麦やサツマイモ、そば、黒糖などさまざまな物を原料にして発酵させたもろみを「単式蒸留器」という機械で製造します。
これは1回しかアルコールを抽出できません。
しかし、その分原料などの香りや風味や味などを色濃く残すことができます。

しかし、製法上からそれほど大量生産はできないのでお値段はそれなりになってしまうのは仕方ありません。

焼酎の代表的飲み方「●●サワー」「チューハイ」なら甲類の焼酎が良い

焼酎の代表的な飲み方は
・レモン
・グレープフルーツ
・カルピス
など酸味や甘みのあるものを混ぜる飲み方です。

これは一般的に「チューハイ」や「●●サワー」と呼ばれています。
これにはクセのない甲類の焼酎だからこそ美味しいものができます。

ただしこの飲み方は、口当たりがよくついつい飲みすぎてしまうのも欠点です。
だからこそ、焼酎に混ぜる果汁にはこだわって欲しいのです。

人工着色料や人工甘味料などの入っているものは避けて欲しいのです。
これらを大量に摂ることは身体によいわけがありません。

できれば
生レモン
生グレープフルーツ
など生の果物から搾った果汁がおすすめです。
このほうが生の果汁が持つビタミンやその他の固有の栄養素も摂ることができるからです。

焼酎を割るのにぴったりのシークワーサー原液をお酒にプラスが美味しくし身体にも良い

シークワーサー お酒にプラス
生レモン
生グレープフルーツ
焼酎に混ぜる果汁にもいろいろありますが、ぜひシークワーサー原液もその仲間に加えてみてください。

生レモン果汁
生グレープフルーツ果汁
はなかなか店頭にはありませんが
生シークワーサー原液なら手に入れることは簡単です。

そのシークワーサー原液の中でも特におすすめは青切りシークワーサーです。
青切りとは皮を剥かずに、まるごと絞り出した果汁です。
シークワーサーの身体に良いとされる成分は皮の部分に多く含まれているのです。


お酒がやめられないあなただからこそお酒の飲み方にもこだわって

健康診断 お酒
酒は百薬の長
それは適量をたしなむ場合だけにいえることです。
お酒にが好きなあなたには決していえることではありません。
だからこそお酒の種類や飲み方にはこだわって欲しいのです。

会社の健康診断に引っかかってしまって
「お酒は控えてください」
といわれたあなたにはぜひ
シークワーサー原液を焼酎などのお酒にプラス
という飲み方も考えてみてください。