本記事内では一部プロモーションを含みます。

ノビレチン含有量ランキング

ノビレチンは、フラボノイドの一種で、抗酸化作用や抗炎症作用、抗肥満作用など、様々な健康効果が期待されている成分です。
ノビレチンは、果物や野菜、茶葉などに含まれていますが、特に多く含まれている果物は以下のとおりです。

   

ランキング果物 ノビレチンの含有量
(mg/100g)
1位シークワーサー 45.0
2位レモン 21.0
3位グレープフルーツ 18.0
4位オレンジ 15.0
5位キウイフルーツ 12.0
6位イチゴ 10.0
7位ブルーベリー 8.0
8位ぶどう 6.0
9位:リンゴ 4.0
10位梨 2.0

これらの果物は、ノビレチンの含有量が比較的多いため、積極的に摂取すると良いでしょう。
ノビレチンは、生で食べたり、ジュースやスムージーにしたり、煮物や炒め物に入れたりして摂取することができます。

なお、第1位のシークワーサーですが、ノビレチンは果皮部分に多く含まれています。
ですので、ノビレチンをより効率的に摂取するのであれば、通常のシークワーサー果汁原液よりも、果皮ごと絞りだす「青切りシークワーサー」をおすすめします

\健康的にお酒を飲みたい方におすすめ/
青切りシークワーサー100プレミアム 公式サイト
/皮ごと絞って天然栄養素がたっぷり\

ノビレチン含有量ランキング第1位はやっぱりシークワーサー

ノビレチン含有量ランキング第1位シークワーサー

最近、健康を気にしている方の注目を集めている「ノビレチン」という成分です。

ノビレチンの効能には、以下のものがあります。

  1. 抗酸化作用
  2. 抗炎症作用
  3. 血管拡張作用
  4. 血糖値のコントロール
  5. 脂質異常症の予防
  6. 肝臓保護作用
  7. 認知症の予防
  8. がんの予防
  9. 美容効果



ノビレチンは、食事やサプリメントで摂取することができます。

食事では、シークワーサー、レモン、グレープフルーツ、オレンジ、キウイフルーツ、イチゴ、ブルーベリー、ぶどう、リンゴ、梨などの柑橘類やベリー類を多く食べることで摂取することができます。サプリメントでは、ノビレチンを単体で摂取することができます。

ノビレチンはあくまで健康の補助をするたぬの成分であり、お薬とは性質が異なります。
ですので、毎日続けて摂り続けないと効果は実感できません。

しかし、毎日の食事でノビレチンを摂り続けることは意外と難しいものです。

そこで、注目を集めているのが「シークワーサー果汁原液」なんです。

冷水や炭酸水で割ったシークワーサー割り
お酒に加えるシークワーサーハイ
お湯にシークワーサーを注いだ「シークワーサー白湯」

これなら簡単に毎日「ノビレチン」を継続的に摂取できます。


ノビレチンの1日あたりの摂取量がどれくらい?

ノビレチン 一日 摂取量

ノビレチンは、健康に良い成分ですが、過剰摂取すると副作用が出る可能性があります。

ノビレチンの1日の摂取量の目安は、3.5mgから11mgとされています。

シークワーサーには、100gあたり約45mg程度のノビレチンが含まれています。
ですので、シークワーサーを1日100g摂取することで、ノビレチンの1日の適正な摂取量を摂取することができます。

しかし、これだけの量を直接シークワーサー果実からこれだけ摂取することは難しいでしょう。
果皮には、100gあたり267mgのノビレチンが含まれていますが。それでも1日の目安量のノビレチンを摂取するためには、約13~20個のシークワーサーを食べることになります
そこで、みなさん「シークワーサー果汁原液」を活用されているのです。

これなら適正な一日あたりのノビレチン摂取量3.5mgから11mgを摂るために、シークワーサー原液果汁を100cc~200c程度でOKです。
朝晩のシークワーサージュース1杯程度で賄えます。

あのIKKOさんのCMも流れているのでこの「青切りシークワーサー100プレミアム」はご存知かもしれません。、

なんとこの「青切りシークワーサー100プレミアム」
公式サイトからだとお得なお試し購入できるんです。

\健康的にお酒を飲みたい方におすすめ/
青切りシークワーサー100プレミアム 公式サイト
/皮ごと絞って天然栄養素がたっぷり\