シークワーサー 効果的な飲み方

シークワーサーの効果的な飲み方にはその目的によっていくつかあります。

  1. 適量(1日50ml程度)を毎継続的に飲むのが効果的
  2. 胃に負担をかけないため5~10倍程度に水や炭酸水で割って飲む
  3. ダイエットには朝一番に空腹時に白湯代わりに飲むのが効果的
  4. 食後の血糖値上昇を抑えるには食事中や食後に鵜飲むのが効果的
  5. お酒を割って飲むなら甘いシロップは入れな
  6. 疲労回復は運動後の疲れた時に飲むのが効果的



では、少しシークワーサーの効果的な飲み方について考えてみましょう。

シークワーサーの効果的な飲み方①適量を毎日飲み続けること

シークワーサー 毎日 飲む

シークワーサーの効果的な飲み方で、一番大切なのはなんといっても、適量を毎日継続的に飲み続けることです。

シークワーサーが身体に良い効果があることは分かったと思いますが、あくまでシークワーサーは食べ物でしかなく、お薬ではありません。
ですから、シークワーサーの効果っを得るには一朝一夕では無理なのです。
だからこそ、適量を毎日続けて飲むことが重要になります。

適量とは1日50~100ml程度とされています。
50mlといえば大匙3杯程度です。
100mlでも大匙7杯程度です。
※大匙1杯15ml換算

通常は5~10倍に希釈して飲むので、朝と夜に軽くコップ一杯飲むだけでも十分必要な量は摂れます。
これなら無理なく続けられますよね。

シークワーサーの効果的な飲み方①5~10倍程度に水や炭酸水で割って飲む

シークワーサーはあくまで食べ物であり、お薬ではありません。
だからこそ美味しく摂るべきです。

そのあたりを勘違いして、シークワーサー果汁原液をグイッと一気飲みする方も少なからずいます。

でも、シークワーサーはお酢と動揺に強い酸性を持っています。
いくら食べ物であっても、それでは胃に負担をかけてしまいます。

ですので、胃に負担をかけないため5~10倍程度に水や炭酸水で希釈して飲むことをおすすめします。

あるいは、スダチやレモンの代わりに料理に使うのも良い方法です。

意外とシークワーサーに合う飲み物は多い

水や炭酸であるシークワーサージュースが一般的ですが、意外な飲み物がシークワーサーによく合うものも多いのです。

  1. サイダー
  2. カルピス
  3. 飲むヨーグルト
  4. 野菜ジュース



単なるシークワーサージュースに飽きてきたら、自分なりにいろいろアレンジた挑戦も試してみてください。

シークワーサーの効果的な飲み方③ダイエットなら朝一番に白湯代わりに飲む

少し前に「リンゴ酢ダイエット」が流行りましたよね。
でも、最近は「シークワーサーダイエット」も注目されています。
まあ、リンゴ酢もシークワーサーのどちらも酸っぱくてよく似ているからかもしれません。

【リンゴ酢の次に来るのがシークワーサーダイエットだ】



特に朝一番にシークワーサー白湯を飲むのが効果的なようです。

【医師のおすすめ|毎朝の白湯にレモンを入れるといい】

ダイエットでシークワーサーに含まれる「ノビレチン」が注目を集めている


シークワーサーには、ノビレクチンという成分が含まれています。
このノビレクチンはフラボノイドの一種で血糖値のコントロールに効くとされています。
血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度のことで、糖質を食べると上昇します。
血糖値が急激に上がると、インスリンが過剰に分泌されて余ったブドウ糖が脂肪として蓄積されやすくなります。
ブドウ糖が脂肪として蓄積されるということは、すなわち「太る」ことですよ。
ですので「空腹時」「食事前」にシークワーサーを飲むのはダイエットにも良いと思います。

シークワーサーの効果的な飲み方②血糖値上昇を抑えたいなら食事中や食後に飲む

シークワーサーに含まれるフラボノイドの一種「ノビレチン」には、血糖値の上昇を抑える働きがあることがわかっています。

ですので、食事による血糖値の急激な上昇を抑えたいのならば、食事中は食後にシークワーサーを1杯飲むのが効果的です。

シークワーサーの血糖値コントロール効果について

血糖値 シークワーサー

シークワーサーは、沖縄を代表する柑橘類の一種で、酸味が強く爽やかな風味が特徴的です。
最近では、その健康に対する効果が注目を集めています。
特に、血糖値のコントロールに役立つとされており、多くの人がシークワーサーを愛飲しています。

シークワーサーが血糖値に与える影響とは?

シークワーサーに含まれる成分には、ビタミンCやクエン酸、カロテン、カテキンなどがあります。
これらの成分には、抗酸化作用や炎症を抑制する作用があり、健康に対する効果が期待されています。

特に、シークワーサーに含まれるクエン酸は、糖質の代謝を促進する効果があります。
糖質は、食事から摂取した糖やでんぷんが体内で分解されたもので、血液中に流れている血糖値として表れます。
糖質は、エネルギー源として重要ですが、摂りすぎると血糖値が上昇し、糖尿病などの疾患を引き起こす可能性があります。

シークワーサーに含まれるクエン酸は、肝臓での糖質代謝を促進し、血糖値の上昇を抑制する効果があるとされています。
また、シークワーサーには食物繊維も豊富に含まれており、血糖値の上昇を緩やかにする効果も期待できます。


シークワーサーの効果的な飲み方⑤お酒を割るなら甘いシロップは入れない

いくら血糖値を上げないようにしてくれるシークワーサーでも、それは限られた効能でしかありません。
なのに、焼酎+シークワーサーのシークワーサーハイで甘いガムシロップなどをいつも加えていては、その効果も期待できなくなります。
できれば甘いシロップ無しのシークワーサー割りを飲むのがおすすめです。

健康的にお酒を飲むためのシークワーサーの効果的な飲み方

「酒は百薬の長」
それは適量を守れてこそなのですが、それが難しのが飲兵衛の悩みです。

そこで、少しでも健康的にお酒を飲みたい方におすすめなのが「シークワーサー」なのです。

お酒も、できれがカロリーの高いビールやウィスキーは避け糖質の低い焼酎がおすすめです。
この焼酎に合うのが「シークワーサー」なんです。

シークワーサーは血糖値上がるのを抑制してくれる効果があります。
これが、酒飲みにはとてもうれしい効果でもあります。

チューハイで入れるのはポッカレモン?orシークワーサー?

焼酎とポッカレモン
多くの方が焼酎で割るのに「ポッカレモン」を使っています。
確かに、ポッカレモンでも、その「レモン効果」を得ることはできますが、少しでも健康的にお酒を飲むのならやっぱりシークワーサー果汁原液でお酒を割ることをおすすめします。


シークワーサーの効果的な飲み方⑥疲労回復には運動後の疲れた時に飲む

シークワーサーにはレモン同様に「クエン酸」がたくさん含まれています。
この「クエン酸」は疲労回復に効果があるのです。

ですので、スポーツ後などの疲れた時にシークワーサーを摂ると疲労回復効果が見込めます。

いつもスポーツの合間に飲んでいるスポーツドリンクにこのシークワーサーを加えておくのもおすすめです。

シークワーサーの効果

シークワーサーの効果

シークワーサーの効果的な飲み方を考えるうえで、まずシークワーサーがどれくらい身体に良い効果があるのか?を確認しておきましょう。

【こんなにあったシークワーサーの効果】

  1. 抗酸化作用
    シークワーサーに含まれるビタミンCやカロテノイドは、体内の活性酸素を除去し、細胞の酸化ストレスを軽減する抗酸化作用があります。
  2. 美肌効果
    シークワーサーにはコラーゲンの生成を促進するビタミンCが豊富に含まれており、肌の弾力性を高める効果があります。また、抗酸化作用により、シミやシワの形成を抑え、肌を健やかに保つ助けとなります。
  3. 解毒作用
    シークワーサーに含まれるリモネンやフラボノイドは、肝臓の解毒酵素の働きを活性化させる作用があり、身体の解毒効果を高めます。
  4. 血液循環の促進
    シークワーサーには血液をサラサラにする働きがあり、血液の循環を改善する効果があります。これにより、冷え性やむくみの緩和に役立つことがあります。
  5. 疲労回復効果
    シークワーサーに含まれるビタミンCやビタミンB群は、疲労回復を促進する効果があります。また、シークワーサーの爽やかな香りはリフレッシュ効果もあります。
  6. 抗菌作用
    シークワーサーには抗菌作用があり、風邪やインフルエンザなどのウイルスや細菌の繁殖を抑制する効果があります。
  7. 血圧の調整
    シークワーサーにはカリウムが含まれており、血圧を調整する効果があります。適切なカリウム摂取は、高血圧や心臓病の予防に役立ちます。
  8. ストレス緩和作用 
    シークワーサーの香りはリラックス効果があり、ストレスや不安の軽減に寄与することが知られています。



これらは一部の効果であり、シークワーサーにはさまざまな栄養素と生物活性化合物が含まれています。
もちろん、これらの効果はレモンにもあります。
ただ、シークワーサーにはレモン以上に身体に良い成分が多く含まれてます。
ですから、レモン効果を得るためにポッカレモンを使うくらいならぜひシークワーサーも検討してみてください、